株式会社 丸京石灰Homeカートを見るSite mapお問合せ
しっくいについて商品案内漆喰施工マニュアル施工事例紹介会社案内
Home > しっくいについて「シックハウス症候群」
漆喰の原料・化学式
漆喰の使い道と利点
建材(壁/瓦屋根下地/土間)
建材以外(フレスコ画/他)
漆喰の秘めた力
シックハウス症候群
アトピー/アレルギー/喘息対策
安全認定制度とVOCについて
 
フレスコ画の世界
わが郷土 津久見
 

シックハウス症候群

 
シックハウス症候群をご存知ですか?
 
こんな症状に覚えがありますか?
@ 新築・リフォーム後に入居してから特有な臭いに頭痛が続いたことがある。
A 風邪のような症状で咳や頭痛が続き病院に通うも改善されなかった。
B 新築・リフォーム後入居後、家族に鼻血がでたり、下痢が止まらなかったりする症状が続いた。
C 突然の皮膚炎に悩まされ、子供もアトピー性皮膚炎にかかっている。
D 入居後、鼻がムズムズしたり、眼がチカチカとかゆくなったりと不快を感じたことがある。
 
これらの症状は様々な原因が考えられ、一概には断言できませんが、新しい家に入られた後の症状であれば、それは化学物質過敏症、個々の持つアレルギーを発症させる物といえます。これらの症状は「シックハウス症候群」といわれています。

一般的に壁紙(クロス)、接着剤、化学塗料などからくるホルムアルデヒド等の有害物質が原因ではないかといわれています。医学的にはまだ解明されていないのが現状です。ダニ・カビによるアレルギーの影響も考えられます。体中が皮膚の炎症に犯され、喘息や吐き気に犯され部屋から部屋へ我が家を自由に行き来できないなど重症な方も日に日に増加しているのも現状です。解明する上での感作性物質の研究自体も遅れており、今後わが国の住宅問題の中でも研究・対策は急務と言えるでしょう。

簡単な見分け方とすれば、その問題の住宅から一歩外に出て各症状が緩んだらそれは「シックハウス症候群」といえます。業界の研究が遅れている昨今、施主様個人レベルでの対策が必要となってきます。

環境ホルモンの関連性も。青少年の「キレル」体質、昔の人と比べ虚弱な体質、それらの原因も住宅からくるものではないかともいわれております。

現在こぞって各業者が優れた機能を唄った建材を販売しておりますが、それは家と財産を守るだけのもの。中にいる人間をも守る建材を皆さんで探すべきではないでしょうか。
 
▲このページの上へ戻る
 
シックハウス症候群の対策項目
 
ここでは施主様へ最低限の対策項目を挙げますので、今後の参考にしてください。
※参考資料:炭と環境社「シックハウスの現状と対策」野池政宏氏
@ 最も注意したい化学物質の名前を覚えましょう。
「ホルムアルデヒド」「トルエン」「キシレン」などの名前が含まれない建材を選びましょう。
・有機リン系薬剤…注意を払うべき化学物質のひとつ。
・可塑剤…プラスチックを柔らかくする薬剤。
・フタル酸エステル類…可塑剤の代表的な物質。環境ホルモンの疑いがあるともいわれる。
・溶剤…接着剤や顔料を溶かすもの。
・VOC…揮発性のある化学物質の総称。溶剤がその代表。
・塩化ビニル…ダイオキシンの発生源として重大な物。
A ダニ・カビによるアレルギーの影響
・ヒョウダニ類の生体・死骸・糞が布団・畳・カーペットにあること。
・カビのいくつかの種類がアレルゲンになることが知られている。
・ダニ・カビ対策としては十分な換気(ダニ・カビ)、適切な断熱(カビ)、調湿性のある内装材を選択(ダニ・カビ)、フローリングにする。(ダニ)
B 新築設計における注意点
・新築をする場合は、換気に十分配慮した設計に。
C 建材を選ぶポイント
・室内に近く、面積の多い建材に含まれる化学物質を少なくしよう。
D 濃度の単位
・室内の化学物質の濃度は「PPM、PPB、PPT」などの単位で表されることが多い。
・PPM…100万分の1、PPB…10億分の1、PPT…1兆分の1。また、「mg/?、」「ug/?」という単位も使われます。
E 合板・集成材
・JASでホルムアルデヒド放出量についてFc0,Fc1,Fc2という規格があります。数字が小さいほど放出量が少ない。
   
資料としましてはまだまだ不充分ですが、私たち丸京石灰工業所はいつでも皆様のお問い合わせ、ご質問を受け、この「シックハウス症候群」を共に考え、共に学ぶ企業でありたいと考えています。もしご覧の方でもっと詳しい知識をお持ちでしたら、教えて下さい。
 
▲このページの上へ戻る
 
通販ご利用ガイド 特定商取引法表示 個人情報の取扱いについて