株式会社 丸京石灰Homeカートを見るSite mapお問合せ
しっくいについて商品案内漆喰施工マニュアル施工事例紹介会社案内
Home > しっくいについて「アトピー/アレルギー/喘息対策」
漆喰の原料・化学式
漆喰の使い道と利点
建材(壁/瓦屋根下地/土間)
建材以外(フレスコ画/他)
漆喰の秘めた力
シックハウス症候群
アトピー/アレルギー/喘息対策
安全認定制度とVOCについて
 
フレスコ画の世界
わが郷土 津久見
 

アトピー/アレルギー/喘息対策

 
シックハウス症候群をご存知ですか?
 
近年増加傾向にあるアレルギー疾患。喘息やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎は大人達のものだけではなくなり、乳幼児などの子供の世界をも脅かすようになりました。これは山間部より都市部の増加が非常に目立ち、原因の一つに環境・栄養・食生活などによる現代人の生活環境が挙げられますが、もう一つに住宅の室内環境汚染が原因ではないかと考えられています。

住宅環境とアレルギーの深い関係が今明らかに…?
photo1
 
 
アレルギーとは
 
アレルギー環境中の異物に対する過剰防衛反応が考えられます。多くの場合アレルギー疾患発症の主要な要因となるIgE抗体が過剰生産され、抗原抗体反応の結果アレルギー性炎症を引き起こします。この炎症の特徴は組織破壊力が強い顆粒(かりゅう)タンパクを放出する好酸球といわれる炎症細胞が局所に集積し、活性化されるので、炎症局所の損傷が激しく、その部位の過敏性の亢進(こうしん)もみられます。局所の知覚神経の露出や炎症の場で産出される神経増殖因子(NGF)が関与の可能性。また知覚神経の一つC‐繊維の刺激はタキキニンという神経刺激伝達物質を放出することにより神経原性炎症といわれる炎症を引き起こします。このような炎症がどの臓器に起こるかにより、喘息・鼻炎・皮膚炎などの症状となってあらわれるのです。

最近あなたは体の変調を訴えていませんか?
photo2
 
 
室内環境中のアレルゲンとは
 
アレルギー疾患の原因、生物由来汚染物質「アレルゲン」として主にみられるのが「ダニ」です。そして「カビ」があります。住居に多いダニにはいろいろな種類がありますが、アレルゲンとして最も重要なのは「チリダニ」です。「カビ」は喘息やアトピー性皮膚炎の難治化させる原因アレルゲンの一つ。さらに「カビ」は生きたまま肺に吸い込まれ増殖し、感染とアレルギーが複合した症状を示します。例えば治療困難な喘息発作を頻回に起こすばかりではなく、肺炎にみられるような高い熱と呼吸困難がみられるアレルギー性気管支肺アスペルギルス症などの病気があります。
 
 
子供達を守りましょう
 
住宅、家具由来の化学物質、室内汚染化学物質としての芳香剤(キシレン)、殺虫剤(P−ジクロロベンゼン)、そしてアレルゲンなどの室内環境汚染物質。様々な要因から成り立つこのアトピー性皮膚炎・喘息などのアレルギー疾患。これらを予防するには先ず現状の室内環境の改善(掃除・換気)そして新建材に囲まれた室内環境(建材)を改善(リフォームなどにおける自然素材の使用)でこれらの問題を速やかに防止して行くことが重要といえるでしょう。

新しい時代を担う子供たちを守っていきましょう。それが私達(これらの環境問題作り出した者)の使命ともいえます。
photo3
 
 
▲このページの上へ戻る
 
通販ご利用ガイド 特定商取引法表示 個人情報の取扱いについて